スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ウィブレ】「間違ったことを正しくすればいい」



最近電子書籍でウィブレを買い直して読みなおしています。
私が中学生のころから読み始めてはや十数年…
先生はとりあえず生きていて執筆も止めていないみたいなので、まだまだ平気です(震え声)
しかしウィブレって文脈的というか、構造的にも素晴らしいと最近思っているのですよ。
マンガ・ラノベ限定ですが、量だけならまま読んでいる今であってそう思えるのです。
まあふんだんに思い出補正、信者補正入っていると思いますが、笑

で、ウィブレの構造的に良い所って、「こどもたち」と「大人たち」がそれぞれの立場できちんと描かれていることなのかなぁと。
けっこうウィブレのエピソード5までは、主人公たちがメタ的、マクロ的には間違ったような選択をしています。
いまエピソード4を読みなおしているのですが、この物語も典型的なものですよね。
5%の確率で1000万人の命を天秤にかけることは大人たちには許されないことです。
しかしエドや錬たちだから選ぶことができ、描かれた物語なのかなと。

そういった、「こどもたち」だから許される、行動の浅はかさ、あるいは彼らだから許される選択を描いているところがよいところなのかなぁと。
逆に大人の立場でそれやったら単なるバカじゃないか、と言われることを「こどもたち」だからやることができる。
そういうのを丁寧に描いている印象があります。
そしてそのへんのコンセプトにあるのは、「人間は間違ったことを正しくしてしまうことができる」ということなのかなと。
間違ったことをしても、なんとかして取り戻そう、正しくしてやろう、といったことがある。
そういったことに意識をおいて物語を描いているのかなぁと思うととても見事な構造じゃないか!と思うわけです。

逆にエピソード6ではとても「大人たち」のお話になって、これがまた政治的な思惑がものすごく絡んできて面白いんですよねー。
今度は「大人たち」の葛藤が丁寧に描かれているのです。
そういった意味でヘイズというのは中間の、ある意味キーマンでもあるのかもしれませんね。

ということで、新刊が全く出ていないのに、このラノに乗る作品はこれだけだと思うので、みなさまも一つどうぞ、笑
ただし全然ライトではないし、あるいは設定が魔法科のパクリ?!と思うけれど、(※魔法科のほうが後発です)、
その実全然違うのでお楽しみください。
壮大なセカイ系の物語が好きな人にはとても面白いと思います。
エロゲクラスタもいいのではないでしょうか。
スポンサーサイト

2015年ラノベ個人的ランキング

滑り込みで、2015年の個人的ラノベランキングを書いてみたいと思います。
年末付近に読んだものが上位に来る傾向は否めない、笑
たぶん泣けたかどうかがひとつの基準かなぁ。
あくまで物語の構造が素晴らしい!というわけではなく、個人的な好みですね。

1位「とある飛空士への誓約 9巻/犬村小六」


今年の1位は無事シリーズ完結という意味もありまして、誓約9巻としました。
最後の方とか泣きっぱなしだったからなぁ。
個人的にはバルタとかぐらさんのやり取りが最高に好き。
男のツンデレとか誰が得するんだよ、とか思いますが、
バルタさんのツンデレっぷりは最高です。
個人的に物語のマクロな主人公はあえていうとすれば彼だったのではないだろうか。
マクロとミクロの間で揺れる様はぐっときました。
あと幼なじみはやっぱり不遇でしたね。
ただ最後の二人の子どもたちが新たな未来を見せてくれたところが本当によかった。
あーゆー未来が明るそうな〆が最高の読了感でした。
素晴らしいシリーズありがとうございました!

2位「冴えない彼女の育て方シリーズ/丸戸史明」


ここはシリーズでいきますが、今現在、私の中でリングラと冴えない彼女がラノベ2TOPなので、
ここにランクインさせていただきました。
今月発売された恋メトと合わせて読むとさらに面白さが倍増します。
冴えない彼女シリーズは倫也と恵の関係性がとても好きで、
隣に立つパートナーとして、一緒にものづくりをしている!!!という感じがほんと良いのですよ。
原作はこのまま恵ルートな気がしますけれど、あれですかね、
伊織とかとうっかり仲良くなったりしないんですかね(ゲス顔

3位「青春ブタ野郎はおるすばん妹の夢を見ない/鴨志田一」

個人的にボロ泣きしてとても印象に残った青春ブタ野郎シリーズの5巻目です。
さくら荘のときからちょくちょく泣いていましたが、この5巻もとんでもない破壊力でした。
前半部分とかはしっかりとラノベとして、麻衣さんのかわいさだとかで楽しませもらったのですが、
そこから一気にシリアスパートに突入して、最後の手紙でもうガツーンとぶん殴られましたよ。
やばい、思い出しただけで泣けてくる。
小説らしい、しっかりとした伏線も張った中での、あの展開はほんと泣くしかなかった。
さくら荘と違い、すでに一回ひねくれてしまっている感じの主人公ですが、
空太と同じで「本気」なのは変わらないのですよね。
ただ一人、咲太だけが「かえで」に対して本気になって、どうしてあげればいいか考えていました。
あの姿はとてもよいですよねー。

4位「Re:ゼロから始める異世界生活(7)/長月達平」

アニメ化本当におめでとうございます。
最初から見守っていたわけではないですが、
ブレイクする前から見てきた作品がこうしてアニメ化するということはとても感慨深いです。
というかほんと素人の考えではハマらせるまでにとても難易度が高いであろう、
リゼロを商業化するなんてチャレンジが成功するとは思っていなかったので、
このリゼロに心を奪われた「ゼロから」が記載されたところが書籍化して世の中に出るというのはほんとに感動ものなのです。
このラノの推しヒロインにレムがランクインしているのがもうね。

5位「落第騎士の英雄譚<キャバルリィ> 9/海空りく」

年末滑り込みでランクイン。
熱く、思いの乗った戦闘シーンで、観客の『綺麗…』という言葉がふさわしい、素晴らしいシーンでした。
もう一輝とステラの二人のバックグラウンドが全て戦闘のやり取りにつめ込まれているんですよね。
戦闘シーンでなんか泣けてくるなんて初めてかもしれないです。
作者様がすべてを出し尽くした、ということに納得の出来でした。
完結しないのに、あそこであんなシーン出しちゃっていいの?って誰もが思ったぐらいでしょう、笑
あとその後の「夜の一刀修羅でドラゴンファング」も最高に面白く、最高にエロかったです!
落差は今年一番何じゃないでしょうか、笑
その辺含めてラノベとしての完成度がとても高かったなと。
次回の世界編はどうもっていくのか楽しみですねー。

6位「リーングラードの学び舎より シリーズ/いえこけい」


祝、リングラ書籍化!!!
なぜこの位置かというと「教師の品格アングリー編」が3巻に回されてしまったからかなと、笑
次回1月発売予定(ずれないよね…?)の3巻ではリングラで
割と最初のヨシュアンの教師としての大きな失敗と葛藤が見られますので、必見です。
その後のオルタとのバトルも良いんだよなぁ。

ただ読書メーターの感想とかを見ていると、ヨシュアンの語り口調に耐えられない、というかたもちらほら見かけるので、
できることならば、先生と編集さんはもうちょっと商業向けに頑張ってほしいところでもあります。
もう少しどうにかテンポアップしたほうがいいのかなぁと思わなくもない。
リングラの設定の重厚さ、キャラのねり方、などやっぱ一段抜けているように思うのでこのまま続けてほしいところです。
私が心配することではないのですが、しっかり売れているのかが不安になってしまうのですよねぇ・・・

7位「やる気なし英雄譚シリーズ/津田彷徨」


なろう発の戦記ものです。
新たな英雄譚としてどのような形を見せてくれるのかがとても楽しみなシリーズですよね。
私は基本的に自分のマクロ的立ち位置をちゃんと把握していて、それでいてどういう行動をすればよいのか、
ということをわかっているキャラが好きなので、ユイはとても好きなのですよ。
英雄は過労死する、のもとなるべく頑張らないスタンスとかがとても好きです。
Webも週に一回更新されますし、文量が多くない割に、しっかりと魅せてくれるのでとてもうまいなーと感じます。
次の書籍5巻からはWeb版と分岐するということでそこがまた楽しみですね。

8位「魔法科高校の劣等生(16)四葉継承編/佐島勤」


魔法科、16巻はいろいろ衝撃的でしたからね。
まさかそうやってもっていくか、みたいな。
たつまゆ派としては、最近の動向を含めても真由美さんが噛ませ犬にしかなっていないあたりが悲しいような嬉しいような。

9位「ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (5)/羊太郎」


マクロ的にそこまでぐっと来るものがあるわけではないんですが、
キャラクタが好きなんですよね。
主人公のグレンはすでに一回軍隊から逃げ出した身で、
5巻ではそのきっかけが語られています。
またヒロインのシスティが一度は彼のその過去を受け入れられず、
離れてしまいそうになるわけですが、思い直して、隣に立つわけですね。
書いてしまうと非常にベタといえばベタな展開なのですが、
この隣に立つ関係ってのがたまらなく好きと上に書いた気がしますがそれがよいんですよね。
あとがきでおそらく作者さまはその関係性を意識的に書いているので、これからもどうなるのかが楽しみです。

10位「神殺しの英雄と七つの制約<エルメンヒルデ>/ウメ種」


なろう発の英雄譚。
これまた英雄を否定する主人公の物語ですね。
彼が英雄になるためには何かを犠牲にしなければならない…
この物語が好きなのは、すでに1回作中で物語が終わっているところから、
新たなスタートとして始まっているところですねー。
2部というわけではなく、過去が小出しに出てきて、過去に何があったのかと想像するのが楽しいわけです。
そしてそのトラウマを払拭していって、再び立ち上がっていく過程が何だかとてもよいのですよね。

リングラもそうなんですが、最近では過去に一回物語があって、
またその次の物語が展開されるのが好きなようです。
ゼロからの成長譚ではないというか。
あれですかね、歳をとったとry
何かそういう構造の物語があったらぜひとも紹介していただきたいです。


つーことでなかなかやっつけでグダグダ書き続けましたが、
2015年のラノベランキングを書きました。
みなさま良いお年を!

冴えない彼女の育てかた 恋するメトロノーム5巻 至高の出来



冴えない彼女の育てかたのスピンオフ作品である恋するメトロノームの最新刊です。
いやー、くっそ面白かった。
武者サブさんの描くキャラたちもとても活き活きとしていて魅力的でした。

ビジネスと創作の間で


5巻では倫也が編集を担当している「純情ヘクトパスカル」がアニメ化するというお話です。
すると話としては原作の同人ゲームを作成するということよりも規模が大きくなり、
より現実的なビジネスの側面が出てくるわけですが、そこがまたおもしろい。

私はエンタメ作品であっても、商業作品である以上売れなきゃダメでしょ、と基本スタンスでは思っています。
しかしクリエーターとしては自分の思うように創っていきたいと思っていることもわかります。
だからこそビジネスと創作の間で、どういったバランスを取っていくか、ということがとても重要なわけですよね。
そこを両立させてうまく描いていこうじゃないか!という方向性がとても好きなんですよ。
新キャラであるプロデューサの千歳はそのクリエーターに対するリスペクトと、
ビジネスであるということをとてもよくわかっているプロデューサでとてもマクロが見られている人なんですよね。
そこに対して、倫也の売りといえば、ウザいぐらいまでの、賛否両論を呼ぶ熱さであるので、
そこが同人よりも比べ物にならないくらいにシビアになったアニメ制作というところでどう着地するかがこれから先とても楽しみなわけですよ。
とりあえず原作ではミクロ(えりり)に走りましたからね、笑

お仕事していると、この熱さとビジネスを両立させようとしている物語を見るととても幸せな気分になれますよね。

詩羽先輩との関係性


あとこの巻を通して、恋メトがなんでこんなに好きなんだろう、と思うと、
倫也と詩羽先輩の立ち位置なのかなーと。
原作においては詩羽先輩は、倫也の隣に並ぶ人ではくて、あくまで羨望の人なんですよね。
出会った頃、あるいはこれから先はわからないですが、今はそのような立ち位置です。
最新刊とか完全にアドバイザー役だったし、笑
原作において、倫也の隣に並ぶ人は加藤恵になっているわけです。
だからこその僕は恵派閥なわけですが、笑

ところが恋メトでは一緒に作品を作っていく、対等な立場での隣に並ぶ人になっているわけですよ。
この関係性がとっても好きな僕としては、恋メトの倫也と詩羽先輩はたまらなくいいわけです、笑
もうこれ原作では詩羽先輩ルートはなくていいから、この恋メトでいいじゃんって感じですよね。

と思ったら最後に三角関係を匂わす描写で終わり、
さらには折り返しには救済されるとは限らないとか書いてある丸戸さんは最高にドSだな、と思いました、笑
いいぞ、もっとやれ!笑

Re:ゼロから始める異世界生活 (7)  レムとスバル



まずはアニメ化おめでとうございます!
正直、こんなクセのある物語がアニメ化まで行くとは思っていなくて、
僕の見る目のなさに反省しきりです。

というか例に漏れずアニメ化に対してそこまで良い印象を持っていない僕として
ちょっと不安でもあり…
これ書籍化すらクソ難易度高かったと思うのに、アニメ化って最高級の難易度だと思うのが正直なところで…
素人として何様かもしれませんが、よくアニメ化するまで売れたなぁって思いますもの。
リゼロって物語はほんとに素晴らしいけれど、商業製品として売るのはクソ難しいたぐいですよね。
ですがここまで売れた理由として、MF文庫J様がツイッターの専用アカウントを作ったりと、
かなり売る気だったことでしょうかね。
冴えカノでも触れられていますが、いくら中身が良くても宣伝がダメだったらダメっすからね…
働いていて思うのは、マクロのゴリ押しパワーというか宣伝、超大事だとひしひしと思うので、笑
会社がどれだけ本気かってのはほんと大事ですよね。
(頼むぜ、オー○ーラッ○文庫さん、リングラをもっと頑張ってほしいのです…)
つうことでアニメもMF文庫J編集部のゴリ押しパワーに期待するしかないですかね。
頼むから魔○科みたいにマイナス幅に触れないようにしてほしいです…

さて、そんな湿っぽいことはおいておき、ヴィルヘルム・ヴァン・アストレアの回でした。
目下僕の中で、3番目ぐらいのヒロイン何じゃないのか、というヴィル爺の最初の見せ場でしたね。
リゼロは、登場人物がクソ多い割に一人ひとりが物語の主人公となれる物語を持っているから、
全体としてとても厚みが出るんですよね。
ヴィル爺はスピンオフも出るようで何よりです。

あとはフェリスの気になる発言集を誰かまとめてないですかねー。
彼の正体というか、バックグラウンドが原作6章終了時点で未だに明示されていないかなーと思うので。
ちょいちょい謎の発言は出ていると思うのですが。

と、まあこの巻はヴィル爺の回でもあるんですが、
何よりスバルとレムですよね。
以下Web版のちょーネタバレになるので格納します。

続きを読む

マブラヴオルタナティブ・トータルイクリプス 途中の感想



超ネタバレなので、未プレイの人が万が一ひかかっても絶対に読まないように。

続きを読む

プロフィール

たたみ

Author:たたみ
主にラノベとマンガの感想が主成分です。
気まぐれにサッカー関係があるかも?

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。