FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冴えない彼女の育てかた 恋するメトロノーム5巻 至高の出来



冴えない彼女の育てかたのスピンオフ作品である恋するメトロノームの最新刊です。
いやー、くっそ面白かった。
武者サブさんの描くキャラたちもとても活き活きとしていて魅力的でした。

ビジネスと創作の間で


5巻では倫也が編集を担当している「純情ヘクトパスカル」がアニメ化するというお話です。
すると話としては原作の同人ゲームを作成するということよりも規模が大きくなり、
より現実的なビジネスの側面が出てくるわけですが、そこがまたおもしろい。

私はエンタメ作品であっても、商業作品である以上売れなきゃダメでしょ、と基本スタンスでは思っています。
しかしクリエーターとしては自分の思うように創っていきたいと思っていることもわかります。
だからこそビジネスと創作の間で、どういったバランスを取っていくか、ということがとても重要なわけですよね。
そこを両立させてうまく描いていこうじゃないか!という方向性がとても好きなんですよ。
新キャラであるプロデューサの千歳はそのクリエーターに対するリスペクトと、
ビジネスであるということをとてもよくわかっているプロデューサでとてもマクロが見られている人なんですよね。
そこに対して、倫也の売りといえば、ウザいぐらいまでの、賛否両論を呼ぶ熱さであるので、
そこが同人よりも比べ物にならないくらいにシビアになったアニメ制作というところでどう着地するかがこれから先とても楽しみなわけですよ。
とりあえず原作ではミクロ(えりり)に走りましたからね、笑

お仕事していると、この熱さとビジネスを両立させようとしている物語を見るととても幸せな気分になれますよね。

詩羽先輩との関係性


あとこの巻を通して、恋メトがなんでこんなに好きなんだろう、と思うと、
倫也と詩羽先輩の立ち位置なのかなーと。
原作においては詩羽先輩は、倫也の隣に並ぶ人ではくて、あくまで羨望の人なんですよね。
出会った頃、あるいはこれから先はわからないですが、今はそのような立ち位置です。
最新刊とか完全にアドバイザー役だったし、笑
原作において、倫也の隣に並ぶ人は加藤恵になっているわけです。
だからこその僕は恵派閥なわけですが、笑

ところが恋メトでは一緒に作品を作っていく、対等な立場での隣に並ぶ人になっているわけですよ。
この関係性がとっても好きな僕としては、恋メトの倫也と詩羽先輩はたまらなくいいわけです、笑
もうこれ原作では詩羽先輩ルートはなくていいから、この恋メトでいいじゃんって感じですよね。

と思ったら最後に三角関係を匂わす描写で終わり、
さらには折り返しには救済されるとは限らないとか書いてある丸戸さんは最高にドSだな、と思いました、笑
いいぞ、もっとやれ!笑
スポンサーサイト

冴えない彼女の育て方 8巻 雑感 恵ルート突入なの?



ついぞメインヒロインと言わざるを得ない立ち位置に…!

ということでアニメ続編製作も決定して、ノリに乗っている「冴えない彼女の育て方」最新刊です。
まさかの2巻連続して恵が表紙で、内容も恵回で、アニメ化前から恵派であった僕得ですよ!

■恵のキャラクターが付いてきた?

しっかしまあすっかり恵が正妻ポジションとなりましたねー。
お風呂とか入るのは平常運転でしたが、手作りオードブルまで…笑
そして参考資料ですっかり定着した腹黒キャラが定着しましたね。
そして7巻で怒ると怖くて執念深くて引きずるキャラも張られました。
ただそれでも既存のカテゴライズされたキャラとはちょっと違う印象を受けます。
何だろうなー、腹黒っぽいんだけど、腹黒キャラというわけではない感じなんですよ。
これも最初のキャラが立っていない、ということを強調されてきたからでしょうか。
恵のキャラクターに新規性があるかどうかまでは私では論じられませんが…

例えば腹黒キャラでは詩羽先輩のように、美人系で頭が良かったり、
あるいはこんにゃくの奈緒子のように外面は完璧で裏で何ややっていたりとかそんなイメージがあります。
もしくは天然を装ったすっとボケ系(丸戸作品ではいないかな?)とか。
恵の場合はどれも当てはまらないというか、
自覚してやってんだが、素でやってんのか、
そのへんがわからないところがありますよね。
少なくとも根回しはわりと自覚的にやっていると思いますが。

個人的には腹黒系は頭の良さと搦め手を存分に使うことだと思うのですが、
恵の場合、搦め手までは行っていない気もするので、そこの印象でしょうか。

そのあたりからか、僕の中では恵のカテゴリが腹黒キャラ、とは思えないんですよね。
やっぱりちょっと腹黒いけれどそれでも普通の美少女なんですよ。
この辺は考察を進めていきたいところ。

個人的には俺ガイルいろはと冴えかの恵の相似性があると思っているのですが、
うまくまとまらなくて。
いろはもちょっとあざとくて、ちょっとだけ腹黒い普通の美少女なんですよね。

■何かが足りない恵回
非常に個人的なことなんですが、今回は何かが物足りない。
恵派の僕得なはずの恵回なのに。
そう、倫也の知らないところで行われている恵の根回しである、笑
僕の場合、恵のさり気ない根回しが凄く好きなんですよね(*.5章のやつとか)。
しかしこの流れから行くとそれが少なくなりそうでちょっと残念なところはあります。
今回もスケジュール管理とかすごく頑張ったのが、
倫也が後から知る、もしくは知らないパターンではなくなってますからね。
まあこれも倫也がそのへんに気付けるように成長したってことなんでしょうか、笑

■恵ルート突入?
これからの面白くなってくるポイントはいくつもあると思いますが、
特に恵方面で言えば、7.5章で恵ルートと突入しちゃったんじゃね、と思われる今巻でしたが、
今後の倫也とどのような関係になっていくかでしょうかね。

特にクリエーター業に専念する倫也との関係性あたりでしょうか。
恵は英梨々の裏切りをまだ消化できていません。
そんな恵がこれからそのようになっていくかもしれない倫也とどうなっていくか。
当然小説なわけですから何らかの物語は生まれるでしょうし、
丸戸さんだからこの巻で恵ルートに入ったと見せかけといて、
2部中で一度は落としてくれることを期待したいところです。
あ、でも最終的には恵ルートでお願いしますよ?
それともドロドロのまま大学生編までいって、果ては社会人編で…
あれ、それ何てホワイトあr・・・(以下自重

あと詩羽先輩自身が言っていたけれど、
詩羽先輩とキスしたという事実を知った時の恵のリアクションがちょー気にになるところですね。
この爆弾はいつ投下されるのか。
大方テンパった英梨々あたりが言っちゃいそうですが、笑

しかし円盤のACでアニメの影響をものすごい受けるだろうとも話していましたし、
あとがきでもかなりライブ感で書いている感じがあるので、
非常に先を考える楽しみがありますよねー。
丸戸さんのスタイル的に必ず伏線のようなものは張っているとは思うのですが、
それでもかなり初期段階のプロットからは外れてきているではないでしょうか。
この辺がゲーム製作と違うところでしょうからね。
例えばACでも触れられていて、ついに本編でも触れていた、
この作品の根本にある出会いの場面でなぜ恵はあそこにいたのか、
の真相が果たして伏線なのか、本当に何も考えていなかったのか、などですね、笑


と気になるところがいろいろ出てきているので次巻にも期待です。
丸戸さんがアニメも続編決定して、また別のアニメも脚本描いているみたいなので、
忙しいそうだから半年後ぐらいですかねー。
少なくとも作中には半年が賞味期限って書いてあったからそのぐらいでお願いします、笑

冴えない彼女の育てかた (7) そして伝説へ。

冴えない彼女の育てかた (7) (ファンタジア文庫)冴えない彼女の育てかた (7) (ファンタジア文庫)
(2014/12/20)
丸戸 史明

商品詳細を見る

例のごとくネタバレ全開です。


7巻は恵との関係修復および詩羽・えりりとの決別がハイライトですよねー。
特にえりりがクリエーターとして生きる道を選んだことにおおおう!と唸りましたよ。
作中で詩羽がふれていましたが、
えりりがあのままただの女の子として倫也の横にいても、
お互いがどこかぎくしゃくしたものになってしまうと思うんですよね。
「本当にやりたいこと」をやれるのが人間たるものですもの。
僕は恋愛ってお互いに依存するものじゃなくて、+αの関係になってほしい人間なので、
この展開がすげー好きなんですよね。

そいや、さくら荘でも空太とましろは最後別れた理由ってこういうことでしたよね。
その続きが見られるのかと思うと胸アツ。

まーそして最後の新幹線のシーンですよ。
6.5章で恵とえりりのやり取りですごくジーンと来ていたわけですよ。
倫也だけじゃなくて、えりりにとって恵って初めての親友なわけじゃないですか。
その彼女とも決別をしてまでクリエーターとして生きる道を選んだわけすよ。
そこからのあのシーン。
あの挿絵には大爆笑させていただきました。
最後まで残念さを保つえりりは素晴らしいと思います、笑
そして勝負に打って出た詩羽先輩ですよ。
作者さまが何やら苦労してそうですが、次の巻でも活躍してくれることを期待しています。

あとのハイライトとしてメインヒロインである恵の心情はいかに?ですかね。
どうとでも転べるような描写をしておきながら、実は心情の変化として進んでいるのではないか、というところがね。
特に今回はコロコロ変えていた髪型に関してかなり意識的にやっていたことが明確に言及されていましたし。
黒ロングは詩羽先輩を完全に意識していたことが明らかにされています。
最後の執念深いのくだりは爆笑しましたが。

つーことで7巻の描写を追ってみますと、
・予鈴よりほんの一分前に登校し、終業後一分以内に下校する
(素晴らしき定時の守り方ですね、みんな見習おう)
・ファミレスに一人で何をするわけでもなく佇む
・打ち合わせのメールをおくったら、いつも通り淡々と、ずっと30分間みていた
・教室の前でえりりと話していた時にフラットを保てなかった
・打ち合わせに、帰り支度が3秒ほど遅れた
・(放送室でのやり取りは省略、纏まっているので読みましょう)
・倫也の謝罪に対して、涙をこらえきれなかった
・サークル活動が今までの友達と遊んでいたときよりも楽しかった.
・(崩壊シーンは省略、よめ、だれだあれはかわいすぎる)
・ショートボブに戻す
・6.5章では涙を流す
・ショートボブに戻した意図として、『ロングにしていると、なんとなく自分が執念深くて嫌な女になったような気がしちゃったから、いろんな意味で初心に戻らなくちゃとかそういうことを考えたりしていないから安心していいよ』と語る
・眼鏡がないことに納得していない?
・えりりをやっぱり特別視している倫也について思うところがある?

と、努めて客観的に書き出してみましたが、
倫也に対して結局どうなのよ?というところがやっぱりわからん、笑
前半部は確実に不機嫌で、ものすごい倫也のこと意識してて、
でも放送室のシーンでは恋愛感情は否定して、
けれど倫也の自宅に上がり込んでいるのは完全に彼氏彼女のソレだったわけで…
僕は恵推しなのですごいモキモキ、じゃなくてヤキモキしますねー。
まあそれがこの物語のキモでもあると思うのですが。
6巻あたりのあとがき曰く、まだそういったことは決まっていないとのことでしたし。

さてはて、そんな感じで決別し、いったんリセットして、でも2週目に入ったこれからどうなるのでしょうか。
ほんと展開が全く読めなくて、でも面白いことは間違いなくてちょーたのしみです。
恵とクラスが分かれて、えりりと一緒になったこととか、出海ちゃん入学とか、出番のなかったみちるとか、
WA2に則ると、今までが、i.c.で次がc.c.、ってことはcodaまであるって期待していいんですかね?
ドロドロなんですかね?とか。
妄想は尽きませんぜ。

冴えない彼女の育てかた 恋するメトロノーム 2巻 そりゃ惚れるって。

冴えない彼女の育てかた 恋するメトロノーム 2巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)冴えない彼女の育てかた 恋するメトロノーム 2巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)
(2014/08/20)
丸戸史明、武者サブ 他

商品詳細を見る

冴えない彼女の育て方 恋するメトロノーム第二巻です。
あー詩羽先輩がかわいすぎてつらい。
だいだい引きの最後のカットと話の間のおまけカットの詩羽先輩がかわいすぎて悶絶する。
見返したけれど、HPに感想を書いて消しているところの表情も堪らないな(壊

しかし倫也はめちゃくちゃに熱いよなー。
消費者じゃなくて、クリエーターと同じレベルになりたいといったときや、
先生を説得している場面とかもほんと真っすぐですよね。
一歩間違うと単なる暑苦しくて、マクロ読めてないキャラ、っていうことになるんですが、
そう見えないのが倫也の凄いところなのかもしれません。

僕個人として、マクロが見えてない熱いキャラはあまり好きじゃないんだけど、倫也は別ですねー。
マクロがばっちり見えているけれど、天秤にかけて個人の感情を取っている!というわけではないと思うのですが、
とにかく全力で誠実で、すごい考えてはいるからでしょうか。
人間、誠実で一生懸命(※ただしある程度の遂行能力はないとダメ)には動かされますからねー。

そしてこの巻のハイライトはHPの感想文のところですよねー。
キャラがかわいいー!とか展開とか設定がSUGEEEE!!じゃなくて、
作者そのものの熱さを肯定してるってすごいですよね。
僕にはそこまでの素晴らしいものは書けん、笑
特に自分の分身ともいえる作品が打ち切りと言われて自分が否定された気持ちになっていた詩羽先輩には、
もうクリティカルヒットの言葉ですよね。
あー、そりゃ惚れますわ、って思いますもん。

しかし本編では散々倫也をヘタレ扱いにしていて、その通りだとは思うのですが、
先輩も相当にヘタレな気がしてならないですよね。
あんだけべたぼれなのになー。
先に行動した雪菜さんを見習ってください。
じゃないとかずさの二の舞になっちゃうよううう!

倫也も倫也でえりりにも詩羽先輩にも手を出さない理由ってのが、明確ではありませんが、
やっぱりそこはクリエーターと消費者だからなんでしょうかね?
同じ目線、という意味ではやはり恵なのか。
まあ本編のほうもまだ√がきまっていないらしいので、今後どうなるのか楽しみですね。

メトロノームのほうはまた新キャラが出てきて、こっちでも結ばれなかったら詩羽先輩が不憫すぎて
もっと好きになってしまうよ!

冴えない彼女の育てかた 6 ついに冴えない彼女が動き出す

冴えない彼女の育てかた 6 (富士見ファンタジア文庫)冴えない彼女の育てかた 6 (富士見ファンタジア文庫)
(2014/04/19)
丸戸 史明

商品詳細を見る


冴えない彼女の育てかた1~6をGW後半初日に一気読みしました。
さくら荘以来の一気読みかもしれないです。

いやー面白いです。
王道のハーレムメーカーな物語ではあるとは思うのですが、
キャラがやっぱ魅力的ですよねー。
詩羽先輩がもう可愛くて。
正直、なぜ倫理君があれで落ちないのかがわからないんですが。
特にスピンオフの恋するメトロノームを読んでいるとアプローチが露骨過ぎて、
一瞬で陥落してしまいそうな気もするんですが、
そこはやはりお互いがヘタれだということでしょうか。


さて、6巻自体は、ひとつの節目である冬コミ編でした。
そしてエリリとの仲直り編ですね。
エリリの別荘にいって戻らなくなった時は、
あれ、これかずさバットエンド√じゃね?
という思いがよぎりました。
サークルよりもエリリをとって、
しかも過去の編と絡まって、完全に雪菜に内緒でかずさと逃避行しているときの、
焼きまわしじゃないか!っていう。
と、思っていたんですが、冬コミ自体はわりとあっさり大団円みたいな感じで終わりましたね。
そこでコミュニティの崩壊、ということにはならなかった。
しかしそこはその後にじわじわと崩壊させそうなフラグを盛りだくさんで締めてくれました。

ラストのともやの語りとか痛々しくてもう。
大丈夫だ、俺は間違っていない、うまくいく、なんていう思いがありありとでてて、
それが完全に間違いフラグだよおお!っていう痛々しさです。
これは俺ガイルの7、8巻のヒッキーがやらかしたことと同じ状態に見えてしょうがないです。
サークルを続けていくことに固執して、肝心の人間関係は…というところですね。
ヒッキーが間違っていたのは、奉仕部の崩壊を食い止める、場を繋ぎとめるんじゃなくて、
形はどうあれ、三人の関係性を維持していく、というところに持っていかなかったところですからね。

ただ奉仕部と違うところは、集まっているコミュニティ自体が、「同人製作をする」というところで、
また俺ガイルとはちょっと違う命題な気もしますが。


あとは何と言ってもついにヒロインとちょっとしたズレが生じたことでしょうかね。
みちるが言っていたように、サークルのアンカーは恵でしたから、完全に崩壊フラグですよこれ。
でも逆にようやく主題に入ってきた!という感じもします。
今までずーっとフラットな恵でしたが、ついに感情を少し表に出してます。
この変化が「冴えない彼女の育てかた」となっていくのか、非常に気になります。
あとがきで丸戸さんが煽ってらっしゃいますが、次の巻が楽しみです。
プロフィール

たたみ

Author:たたみ
主にラノベとマンガの感想が主成分です。
気まぐれにサッカー関係があるかも?

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。