スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ウィブレ】「間違ったことを正しくすればいい」



最近電子書籍でウィブレを買い直して読みなおしています。
私が中学生のころから読み始めてはや十数年…
先生はとりあえず生きていて執筆も止めていないみたいなので、まだまだ平気です(震え声)
しかしウィブレって文脈的というか、構造的にも素晴らしいと最近思っているのですよ。
マンガ・ラノベ限定ですが、量だけならまま読んでいる今であってそう思えるのです。
まあふんだんに思い出補正、信者補正入っていると思いますが、笑

で、ウィブレの構造的に良い所って、「こどもたち」と「大人たち」がそれぞれの立場できちんと描かれていることなのかなぁと。
けっこうウィブレのエピソード5までは、主人公たちがメタ的、マクロ的には間違ったような選択をしています。
いまエピソード4を読みなおしているのですが、この物語も典型的なものですよね。
5%の確率で1000万人の命を天秤にかけることは大人たちには許されないことです。
しかしエドや錬たちだから選ぶことができ、描かれた物語なのかなと。

そういった、「こどもたち」だから許される、行動の浅はかさ、あるいは彼らだから許される選択を描いているところがよいところなのかなぁと。
逆に大人の立場でそれやったら単なるバカじゃないか、と言われることを「こどもたち」だからやることができる。
そういうのを丁寧に描いている印象があります。
そしてそのへんのコンセプトにあるのは、「人間は間違ったことを正しくしてしまうことができる」ということなのかなと。
間違ったことをしても、なんとかして取り戻そう、正しくしてやろう、といったことがある。
そういったことに意識をおいて物語を描いているのかなぁと思うととても見事な構造じゃないか!と思うわけです。

逆にエピソード6ではとても「大人たち」のお話になって、これがまた政治的な思惑がものすごく絡んできて面白いんですよねー。
今度は「大人たち」の葛藤が丁寧に描かれているのです。
そういった意味でヘイズというのは中間の、ある意味キーマンでもあるのかもしれませんね。

ということで、新刊が全く出ていないのに、このラノに乗る作品はこれだけだと思うので、みなさまも一つどうぞ、笑
ただし全然ライトではないし、あるいは設定が魔法科のパクリ?!と思うけれど、(※魔法科のほうが後発です)、
その実全然違うのでお楽しみください。
壮大なセカイ系の物語が好きな人にはとても面白いと思います。
エロゲクラスタもいいのではないでしょうか。
スポンサーサイト

冴えない彼女の育てかた 恋するメトロノーム5巻 至高の出来



冴えない彼女の育てかたのスピンオフ作品である恋するメトロノームの最新刊です。
いやー、くっそ面白かった。
武者サブさんの描くキャラたちもとても活き活きとしていて魅力的でした。

ビジネスと創作の間で


5巻では倫也が編集を担当している「純情ヘクトパスカル」がアニメ化するというお話です。
すると話としては原作の同人ゲームを作成するということよりも規模が大きくなり、
より現実的なビジネスの側面が出てくるわけですが、そこがまたおもしろい。

私はエンタメ作品であっても、商業作品である以上売れなきゃダメでしょ、と基本スタンスでは思っています。
しかしクリエーターとしては自分の思うように創っていきたいと思っていることもわかります。
だからこそビジネスと創作の間で、どういったバランスを取っていくか、ということがとても重要なわけですよね。
そこを両立させてうまく描いていこうじゃないか!という方向性がとても好きなんですよ。
新キャラであるプロデューサの千歳はそのクリエーターに対するリスペクトと、
ビジネスであるということをとてもよくわかっているプロデューサでとてもマクロが見られている人なんですよね。
そこに対して、倫也の売りといえば、ウザいぐらいまでの、賛否両論を呼ぶ熱さであるので、
そこが同人よりも比べ物にならないくらいにシビアになったアニメ制作というところでどう着地するかがこれから先とても楽しみなわけですよ。
とりあえず原作ではミクロ(えりり)に走りましたからね、笑

お仕事していると、この熱さとビジネスを両立させようとしている物語を見るととても幸せな気分になれますよね。

詩羽先輩との関係性


あとこの巻を通して、恋メトがなんでこんなに好きなんだろう、と思うと、
倫也と詩羽先輩の立ち位置なのかなーと。
原作においては詩羽先輩は、倫也の隣に並ぶ人ではくて、あくまで羨望の人なんですよね。
出会った頃、あるいはこれから先はわからないですが、今はそのような立ち位置です。
最新刊とか完全にアドバイザー役だったし、笑
原作において、倫也の隣に並ぶ人は加藤恵になっているわけです。
だからこその僕は恵派閥なわけですが、笑

ところが恋メトでは一緒に作品を作っていく、対等な立場での隣に並ぶ人になっているわけですよ。
この関係性がとっても好きな僕としては、恋メトの倫也と詩羽先輩はたまらなくいいわけです、笑
もうこれ原作では詩羽先輩ルートはなくていいから、この恋メトでいいじゃんって感じですよね。

と思ったら最後に三角関係を匂わす描写で終わり、
さらには折り返しには救済されるとは限らないとか書いてある丸戸さんは最高にドSだな、と思いました、笑
いいぞ、もっとやれ!笑

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。11巻 彼と彼女の選択は。



とりあえず時系列的に箇条書きで物語の流れとそれに対する自分の感想を書きなぐりました。
とりあえず上げておきます。

・いろはによって普通のラブコメが展開される
・特に10巻から11巻中盤まで
・八幡は当初はこの状態を欺瞞として否定していた
・しかし修学旅行の件を通じて、葉山の気持ちに理解を示せるようになってしまった
・そのため本心を隠していたり、どこか無理をしていたとしても、場を壊さなく、刹那的にその時間が楽しいならば、それを肯定するようになっていた
・八幡もこの状況に違和感を感じていた
・だから陽乃は八幡に対してこれは本物なのかということを問いかけた
・そして陽乃はこの状況を進めにかかった。
・雪乃の模倣癖、依存癖を何とかしたいからだろう
・今は対象が陽乃から八幡へと写っている
・これは10巻の進路の件
・しかしこのことを触れるというのは、3人の関係に決着を付けなければならないということ
・奉仕部という箱庭が崩れるということ
・そのため一度は八幡は答えを出せず、「ただまちがえないようにするためだけの行為」として先延ばしにしてしまう
・結衣はこの関係が本物ではないと、決着を付けなければいけないと考えた
・そのためのデート回
・一歩間違うとW○2にいきそうだよなぁ、これ
・雪が降ってきた時は完全に届かな○恋が脳内BGMとして流れましたよね…
・その前に千葉は雪がふらないって描写があったのに。
・決意するのはやはり女の子なのかなぁ。
・たぶん男の作者が書くと男はヘタれるのがデフォなのだろうか
・春希とか後半ほとんど役になってなかったからな…
・そして雪乃の独白
・彼女は、9巻で救ってほしいと願ったとおり、誰かに寄り添わないと決められない
・勝負の展望台
・成田空港じゃなくてよかった…舞台千葉だし…
・結衣みたいに自分のずるさや、自分の嫉妬している感情を自覚して、それでもなお行動できる女の子ってとてもよいですよね。
・自覚があるということは、その後に起こるであろう事象に対しても覚悟が決まっているので、意思が強いのです。
・カテゴライズ的にいうと、「太陽みたいな子」ですよね。
・代表的なのは誰だろう、とりあえず空の軌跡のエステルとかを上げておきましょうか
・八幡や雪乃のようなひねくれたキャラクターとはとても相性がよい、鉄板とも言えるカップリングです。
・もちろんそこに至るまでの描写が見事ではないとカタルシスを感じないわけですが。

・結衣はあえて自分の思いとは逆のことを言い、八幡に決断を迫る
・この楽しいけれど、どこか無理のある欺瞞の関係を続けていきたい、という嘘のことを
・マジガハマさん強い子やで…
・11巻の表紙の表情がすべての決意を物語っていますよね。
・さすがぽんかん⑧神
・そして結衣の期待通りの答えを出す八幡
・八幡の求める本物は、曖昧に濁した関係でもなくて、そのまま慣れ合う関係でもなくて、今の幸福な時間が壊れても良いから、本物を求めたいと。
・このへんは葉山とは真逆の答えですよね。
・というところで11巻は終了。
・おそらく最終巻であろう12巻はどういうふうに展開されるのか
・結局のところ、雪乃が八幡のことをどう思っているのかでしょうかねー?
・彼女が八幡に対して依存もとい模倣しているということ自体は明確ですが、
その出処の感情がどういったものなのか
・つまるところ恋愛感情というものなのか、それとも友情というものなのか
・それを彼女自身がわかっていないのかもしれません
・また八幡自身も。
・彼は雪乃に対してとても理想を押し付けていて、そしてラストではやっぱり理想を押し付けたい、とも行っていますが。
・いずれにせよ、少なくとも「3人」の関係には決着を付けなきゃいけなくて、どう落ちるかというところですよねー

・またアニメ2期の特典小説では、折本が八幡に露骨にその問をしており、本編とは違う道に進むと書かれています
・ここでいうのが、結衣ルートに入るのか、雪乃ルートなのか、はたまた本編ではどちらにも行かないのか。
・このへんが楽しみですねー。

冴えない彼女の育て方 8巻 雑感 恵ルート突入なの?



ついぞメインヒロインと言わざるを得ない立ち位置に…!

ということでアニメ続編製作も決定して、ノリに乗っている「冴えない彼女の育て方」最新刊です。
まさかの2巻連続して恵が表紙で、内容も恵回で、アニメ化前から恵派であった僕得ですよ!

■恵のキャラクターが付いてきた?

しっかしまあすっかり恵が正妻ポジションとなりましたねー。
お風呂とか入るのは平常運転でしたが、手作りオードブルまで…笑
そして参考資料ですっかり定着した腹黒キャラが定着しましたね。
そして7巻で怒ると怖くて執念深くて引きずるキャラも張られました。
ただそれでも既存のカテゴライズされたキャラとはちょっと違う印象を受けます。
何だろうなー、腹黒っぽいんだけど、腹黒キャラというわけではない感じなんですよ。
これも最初のキャラが立っていない、ということを強調されてきたからでしょうか。
恵のキャラクターに新規性があるかどうかまでは私では論じられませんが…

例えば腹黒キャラでは詩羽先輩のように、美人系で頭が良かったり、
あるいはこんにゃくの奈緒子のように外面は完璧で裏で何ややっていたりとかそんなイメージがあります。
もしくは天然を装ったすっとボケ系(丸戸作品ではいないかな?)とか。
恵の場合はどれも当てはまらないというか、
自覚してやってんだが、素でやってんのか、
そのへんがわからないところがありますよね。
少なくとも根回しはわりと自覚的にやっていると思いますが。

個人的には腹黒系は頭の良さと搦め手を存分に使うことだと思うのですが、
恵の場合、搦め手までは行っていない気もするので、そこの印象でしょうか。

そのあたりからか、僕の中では恵のカテゴリが腹黒キャラ、とは思えないんですよね。
やっぱりちょっと腹黒いけれどそれでも普通の美少女なんですよ。
この辺は考察を進めていきたいところ。

個人的には俺ガイルいろはと冴えかの恵の相似性があると思っているのですが、
うまくまとまらなくて。
いろはもちょっとあざとくて、ちょっとだけ腹黒い普通の美少女なんですよね。

■何かが足りない恵回
非常に個人的なことなんですが、今回は何かが物足りない。
恵派の僕得なはずの恵回なのに。
そう、倫也の知らないところで行われている恵の根回しである、笑
僕の場合、恵のさり気ない根回しが凄く好きなんですよね(*.5章のやつとか)。
しかしこの流れから行くとそれが少なくなりそうでちょっと残念なところはあります。
今回もスケジュール管理とかすごく頑張ったのが、
倫也が後から知る、もしくは知らないパターンではなくなってますからね。
まあこれも倫也がそのへんに気付けるように成長したってことなんでしょうか、笑

■恵ルート突入?
これからの面白くなってくるポイントはいくつもあると思いますが、
特に恵方面で言えば、7.5章で恵ルートと突入しちゃったんじゃね、と思われる今巻でしたが、
今後の倫也とどのような関係になっていくかでしょうかね。

特にクリエーター業に専念する倫也との関係性あたりでしょうか。
恵は英梨々の裏切りをまだ消化できていません。
そんな恵がこれからそのようになっていくかもしれない倫也とどうなっていくか。
当然小説なわけですから何らかの物語は生まれるでしょうし、
丸戸さんだからこの巻で恵ルートに入ったと見せかけといて、
2部中で一度は落としてくれることを期待したいところです。
あ、でも最終的には恵ルートでお願いしますよ?
それともドロドロのまま大学生編までいって、果ては社会人編で…
あれ、それ何てホワイトあr・・・(以下自重

あと詩羽先輩自身が言っていたけれど、
詩羽先輩とキスしたという事実を知った時の恵のリアクションがちょー気にになるところですね。
この爆弾はいつ投下されるのか。
大方テンパった英梨々あたりが言っちゃいそうですが、笑

しかし円盤のACでアニメの影響をものすごい受けるだろうとも話していましたし、
あとがきでもかなりライブ感で書いている感じがあるので、
非常に先を考える楽しみがありますよねー。
丸戸さんのスタイル的に必ず伏線のようなものは張っているとは思うのですが、
それでもかなり初期段階のプロットからは外れてきているではないでしょうか。
この辺がゲーム製作と違うところでしょうからね。
例えばACでも触れられていて、ついに本編でも触れていた、
この作品の根本にある出会いの場面でなぜ恵はあそこにいたのか、
の真相が果たして伏線なのか、本当に何も考えていなかったのか、などですね、笑


と気になるところがいろいろ出てきているので次巻にも期待です。
丸戸さんがアニメも続編決定して、また別のアニメも脚本描いているみたいなので、
忙しいそうだから半年後ぐらいですかねー。
少なくとも作中には半年が賞味期限って書いてあったからそのぐらいでお願いします、笑

はたらく魔王さま! (12) 英雄の救済、っていうかエミリアのデレ

はたらく魔王さま! (12) (電撃文庫)はたらく魔王さま! (12) (電撃文庫)
(2015/02/10)
和ヶ原聡司

商品詳細を見る

エミリア、ついに陥落する。

ということで、はたらく魔王さま!12巻が発売となりました。
前回よりだいぶエミリアがデレの兆候をみせていましたが、今回ついに陥落したと言っても良いでしょう。
いやー、ラストの食卓をともにする、もじもじしたエミリアなんて新妻そのものじゃないですか!
素敵過ぎます。

まおーさまのセリフとその後のエミリアとのやり取りで、
「勇者と魔王のその後」を扱う物語のテーマのひとつである、「勇者の心は誰が救うのか」、
というのを見事にこの巻で丁寧に描き切っていますよね。
テーマについては、私が大変に参考にさせていただいている下記のペトロニウスさんの記事をを読んでいただければと思います。
2)マクロの命題として、勇者が救った後の人類社会はどうなっているのか?
A)勇者という巨大な権力はだれがコントロールするの?
B)世界を滅ぼせるほどの力を持った(=たづなのない)超兵器である勇者の心はだれがいやすの?
C)ウィン・バードが平民で且つ、通常の意味で強者ではないという部分

物語三昧 
『勇者のお師匠様』 三丘洋 著  勇者が救ったそのあとの世界は具体的にはどうなるのか?という重要な命題を展開しつつあるオリジナルな物語


はたらく魔王さま!で面白いなーと思ったのは、
まずまおーさま自身から、英雄の責務の必要性そのものについての問いかけがあるところですかね。
まおーさまが語っている通り、11巻までで、エンテ・イスラの政情そのものは安定したので、
特別に今すぐまおーさまやエミリアがやる所以がないんですよね。
命題中のA)については地球にいる限り考慮しなくてもよくて、
エミリアの家族も地球にいるので、エンテ・イスラにわざわざいなくてよいわけですよ。
そしてその後でB)の命題についてまで、まおーさま自身が触れるってのは結構斬新かなーと。
物語そのものとしてB)をどう描くか、というものはあると思いますが、
メタ的に登場人物が自覚を持ってそのことについて触れるのって僕の中ではほーってしてしまいました。
もちろんこれまでのエミリアを見ているからこそですが。
そして作中でエミリア自身が言っている通り、
勇者と対等ないし以上の存在はまおーさまだけなので、
救済となるのはまおーさまだけなのですよね。
誰か気付くことはできても、まおーさま以外には真の意味で救済はできないのです。
そしてその救済を求めているタイミングで、まおーさま自身が背景をきちんと理解して気遣ってくれている、
ってわかっちゃったらそりゃもう惚れるしかないでしょう、笑
まおーさまとの関係で一番のネックとなっていた父親自体も無事だったわけですし。

僕の知っているなかの類型の物語、
まおゆうでは、あまりB)に焦点は当てられずもっとマクロ的にダイナミックですし、
勇者様のお師匠様では、最初からレティがウィンにべたぼれっすからね。
そこのB)に至るまでの過程を丁寧に描いたのがはたらく魔王さま!と言えるのではないでしょうか。
何が言いたいのかというとエミリアがかわいいということだ!

今後としては、そこでじゃあ責務放り投げて万事解決、ってなると
今回あたりで日常エンド、となってしまうので、笑、
ライラの目的と、アラス・ラムスをどう扱ってしくのかー、というのが今後の展開ですね。
そこで再び英雄の責務とどう向き合い、どう収束させるのか、
というところが今後のはたらく魔王さま!の見どころでしょうか。
僕はエミリアとくっついて日常エンドを望みますが、笑
プロフィール

たたみ

Author:たたみ
主にラノベとマンガの感想が主成分です。
気まぐれにサッカー関係があるかも?

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。