スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上質のボーイミーツガール物語。フルメタル・パニック!シリーズ感想。

フルメタル・パニック!ずっとスタンド・バイ・ミー(下) (新装版): 12 (富士見ファンタジア文庫)フルメタル・パニック!ずっとスタンド・バイ・ミー(下) (新装版): 12 (富士見ファンタジア文庫)
(2012/09/07)
賀東 招二、四季 童子 他

商品詳細を見る


BookWalkerの正月キャッシュバックキャンペーンでWebmoneyで購入した
フルメタル・パニック!シリーズ全12巻読み終わりました。
なお、短編の存在を気付いていなかったため、本編のみです。
短編もいつか購入せねば…

やっぱ一言で表すと、ボーイミーツガールの傑作!ということに尽きるのではないでしょうか。
あとがきには以下のように書いてあります。

最初のころから決めていたことですが、この話はあくまでも「ボーイ・ミーツ・ガール」なのだと。そこからブレて、世界の謎やら運命やら組織間の戦略やら勝負やらを優先するような話になってはいけないと。あくまで彼と彼女の話なのだと。それだけは堅守しようと努めてきました。

フルメタル・パニック!12巻あとがぎより



いや、もうほんとこれ通りの話で、要約すると、以上の感想になってしまいますね。
この作品は、世界観がしっかり作り込まれていて、ロボ、SF、時空間、因果律などなど
その辺のバックグラウンドがあるにも関わらず、
作者さまの狙い通りに、これはボーイミーツガールの物語だ!と感じさせるというのが余計凄いのではないでしょうかね。
その設定はすべて宗助とかなめの行動の動機のために使われていくんですよね。
大義とか知っちゃこっちゃねえ!みたいな感じで進んでいくのがたまらんわけです。
特に宗助とテッサは、軍人(傭兵)という立場で物事をマクロに考えなければならない立場だったのが、
最終的には個人の感情によって意思決定をしていくようになるというプロセスが見事に描かれているのかなと。
んでその意思決定の動機が一貫して、宗助はかなめのため、かなめは宗助のため、
というところでこのボーイミーツガールの物語となっているのでしょうか。。

あとは総じて僕はこの作品のキャラが好きですね。
シリアスとコメディのバランスが良くて、素敵なおじさんキャラも多く登場しますし。
女性キャラもみんな職業持ちの人だからカッコイイ。
やっぱ一押しはテッサですよね!
もうあの報われない感じが堪らない。
ロシアの地下でのかなめとテッサのやりとりとかすげー好きでした。
うーん、テッサがアナザーでは素敵な男性と出会っていると良いのですが。

そんな上質なボーイミーツガールの物語でした。
積み本が消化されたら、短編集とアナザーも読まなければ…
スポンサーサイト

【サッカー】2013年高校サッカー選手権決勝

本日は高校サッカーの決勝でした。
何と言うか素人が言葉に起こすのが申し訳ないくらいに、凄まじい展開でしたね。

サッカーは先制したチームが圧倒的に有利で、
2-0から追いついて延長とはいえ逆転してしまう確率なんてほとんどないはずです。
しかしサッカーは2-0が危険なスコア(キリッっという言葉が出てくるのってまさにこういう試合あるからなのでしょうね。

僕的に最も印象的だったのが、
2-1での富山第一のPKのときの大塚監督の顔です。
ツイッターで複数の方が、監督の顔じゃなくてお父さんの顔だ、というのを見かけましたが、
まさにその通りの顔でしたよね。
僕自身父親でもないし(なる気配もない…)のですが、
あれにはこっちも貰い泣きしちゃいましたよ。

そしてあのPKをきっちり決めるメンタルにもすげえええって思いました。
どれだけのプレッシャーなのかなんぞ計り知れないっすよね。

そして延長では前半には星稜の弾丸ミドルがクロスバーを叩きゴールならず、
一方で富山第一の決勝点はクロスバーをかすめてのスーパーゴール。

ここまで来るともう技術云々とかではなくて、ここまでの努力を否定する意味ではなく、
ほんとにほんのちょっとの運の差なんでしょうね。
まあその運を掴むために我々は日々クンフーを重ねるのみなのですよね。


月並みですが、若い高校生たちがこの経験を通じてより豊かな人生を歩んでくれることを願います。
プロフィール

たたみ

Author:たたみ
主にラノベとマンガの感想が主成分です。
気まぐれにサッカー関係があるかも?

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。