FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある飛空士の誓約5 セシルとバルタの物語

とある飛空士への誓約 5 (ガガガ文庫)とある飛空士への誓約 5 (ガガガ文庫)
(2014/03/18)
犬村 小六

商品詳細を見る


さて第五巻が発売されました。
物語本編としては、ついに7人がそれぞれの国に分かれて、やっと物語が動き出したか!というところですね。
恋歌の主人公カルもついに動き出したようですし、次回作以降がとても楽しみですね。

どちらかというと、今回は物語のマクロな流れよりも7人の成長が見どころでしょうね。
主人公格の清顕はあまり描写がなかったですが、笑
特に僕が大好きだったのが、セシルの覚悟からのセシルと機長のやり取りからの機長の行動です。
僕は覚悟を決める場面が丁寧に描かれている場面がすごい好きなんですが、
セシルのそれは素敵でした。
そして何と言ってもシリアス成分が多々のなかで、セシルと機長のやり取りがツボでツボで。

僕は頭が良いキャラで、マクロをすげーよんでるぜ俺TUEEEEやっているキャラが、
世界の広さを知らなかったり、ミクロの機敏さが読めていない場面が好きなんですよ。
いやー何というか、俺TUEEEと思っているキャラがこけるのってものすごい痛快ですよね(ゲス顔
相手のほうが上手なのに全然気付いていないのがね。

このへんはなろうの「大魔王から逃げられない」が極みであるかなと思います。
http://ncode.syosetu.com/n2219w/
更新停止していますが、すげー面白いです。

んで、もう意図がセシルにバレバレすぎるあの不器用っぷりが堪らなく愛おしいレベルでした。
すべてセシルの掌で踊っている感じに気付いていないあの姿は素晴らしい、笑

そんな機長が、マクロをぶった切って、感情を優先させて立ち上がる姿も堪らなく良かった。
マクロ読みキャラが、腹くくって理性より感情を優先させる瞬間は熱いものがあります。
これから機長はほんとの俺TUEEEキャラになっていくのでしょう。

極めつけはかぐらとのイチャイチャシーンですかね。
僕はホモではないですが、かぐらのデレがかわええっつうか機長のデレっぷりのほうが何か好き、笑

と、僕の中ではセシルと機長の物語な第5巻でした。
まあ二人はカップリングではないわけですが、笑
次回はクレアあたりがとうとう活躍し始めますかねー?
スポンサーサイト

さくら荘のペットな彼女10.5 雑感

さくら荘のペットな彼女 10.5 (電撃文庫)さくら荘のペットな彼女 10.5 (電撃文庫)
(2014/03/08)
鴨志田一

商品詳細を見る


さくら荘の後日談短編集が先週発売されました。
内容は、栞奈の話を中心に、空太たちの大学時代の話です。
栞奈の不器用なモジモジする恋模様が描かれています。
確かに伊織に引け目をとるのはちょっとわかるんですよねー。
自分より器の大きい人に、何か評価されちゃうと、
すごい逆に申し訳ない気持ちになるというか。
そこで申し訳ない気持ちになるだけで、
そのような人間になろうとしないのがマジメ系クズの証左ですが。

まあ何が言いたいのかというと、伊織がかっこよすぎる。
いろいろ覚悟を決めた人間ってほんとかっこいいです。


それとななみんの出番があったことで僕は満足ですよ。
9,10ってほとんどなかったからな!
時がたって、ななみんがちゃんと歩みを止めずにやっているようで何よりです。
僕は断固ましろよりななみん派ですからね!
ななみんifのストーリー、いつか出てくれないかなー。

しかしななみんとだと、空太があそこまで頑張れない気もするし。
ましろという手に届かない目標がいるからこその、あの頑張りな気がするんですよ。
ななみんといるとどっかで妥協してしまいそうで…
空太は企業するなんて道も取らず、ななみんも声優をどこかで諦めてしまいそう。
うーん、ホワルバ2の逆パターンか?
難しい、難しいよ。
この辺はもっと考察したいところではありますがねー。


しかしこのさくら荘、僕はものすごく大好きなんですが、
いまいち理由を論理的に説明できないんですよね。
特別すげえ!っていう構造をしているわけではないんですが、
読んでいてすごい引きこまれるんです。
5~8巻あたり、毎回泣きながら読んでいた記憶がありますからねー。
ライブ感がすごいっていうのでしょうか。
すごいキャラの心情の描き方がうまいのと、
その内容がすごい共感できるからなのでしょうか。
自分がぶつかってきた壁みたいのがこれでもか!ってぐらいに丁寧に詰め込まれて描かれているんですよね。
まさに青春物語!って感じなんですよ。
自分で言ってて恥ずかしいのですが、笑

そのぶん、物語構造としてすごい!ってわけでもないので、
キャラクターに感情移入できないとたぶんあまり面白くはないかなとも思うんですよね。
ちょっと冷静に一歩引いて見ちゃうと、何か超展開気味というか痛々しさが目についてしまうこともあります。
うわー、何してんのこいつら、みたいな。
なので読み始めたら、構造だとかマクロなことは何も考えずに、
一気に読むのがさくら荘の正しい読み方かなと、笑
ただその辺に嵌ればすごい感情に揺さぶりをかけてくれる物語なのです。

そんな超ドストレート青春物語、ここに完結です。
素晴らしい物語をありがとうございました。
鴨志田先生の次回作、タイトルがまたアレですが、とりあえず1巻は買ってみましょうかね。

ストライク・ザ・ブラッド10冥き神王の花嫁 雑感

ストライク・ザ・ブラッド (10) 冥き神王の花嫁 (電撃文庫)ストライク・ザ・ブラッド (10) 冥き神王の花嫁 (電撃文庫)
(2014/03/08)
三雲岳斗

商品詳細を見る


ストブラ最新刊の雑感です。

Amazonのランキングでも1位になっており、なかなかアニメも好調みたいで何よりですね。

ストブラはこれぞラノベ!って感じの作品ですよね。
要素として中二病的な俺TUEEEバトルに、
しっかりと設定された世界観、ちょいエロが入ったハーレム構造、と、
最近のトレンドをしっかりと押さえたテンプレ的作品といえます。
そこでベテランの三雲先生が書いているわけですから、
面白い王道ラノベになるわけです。
三雲先生はバトル設定が特にうまい印象がありますから、そこがまた魅力なのです。
僕の知っている過去2作品と比べるとだいぶ設定は大人しくなっている印象がありますが。
それもまたトレンドなんでしょうかねー。

さて、肝心の今回の内容はラブコメ成分が多めでした。
その中で完全に正妻ポジションの雪菜のターンでしたね。
なんちゃって新婚生活に、ケーキカットとどう見ても新婚さんです、ありがとうございました。
それでもまだ雪菜は古城を好きだ!という自覚が完全にないようですが、
それも周りから外堀を埋められ、特に今回は牙城くんによって加速された印象があります。

とは言っても古城のハーレムもさらに加速されているのですがw
今回登場の新キャラに加えて、ついに夏音も加わりまし、王女様もチラっと登場しました。
そうすることで嫉妬する雪菜がみられるので、素晴らしいのですがね。

ただちょっと物足りないのが、あまり9,10巻と物語のマクロの進みが遅いなぁということでしょうか。
物語の核心という意味では、雪菜と浅葱のバックグラウンドが重要になってくると思われるので、
このへんを中心にもうちょっと話を進めてもらいたかった気がします。
雪菜の過去話もちょろっと出てきましたが、もうちっと何かほしかった。
さらに前回ついに浅葱の重要性が語られたわけですが、今回はほとんど出番なく、
最後にさらっと触れられて終了してしまった浅葱さんとかが不憫すぎてもう。
順列的には第2ヒロインなはずなのに、モブ寺さん並みの扱いですよ。
まあ全く登場しなかったチョロさかさんに比べるとマシですが…。

とはいっても、今回もニヤニヤ成分は十分で、楽しめました。
あんまり難しいことを考えず、楽しむにはもってこいの作品でもあります。
プロフィール

たたみ

Author:たたみ
主にラノベとマンガの感想が主成分です。
気まぐれにサッカー関係があるかも?

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。