スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法科高校の劣等生13 あくまでも学園物であり続けるのか

魔法科高校の劣等生 (13) スティープルチェース編 (電撃文庫)魔法科高校の劣等生 (13) スティープルチェース編 (電撃文庫)
(2014/04/10)
佐島 勤

商品詳細を見る


終物語下は華麗にスルーさせていただきますよ!

魔法科高校の最新刊が発売されました。
アニメに合わせた形ですねー。

本編は2年目の九校戦ですね。
今回は競技そのものよりもその裏で渦巻く陰謀の焦点が当てられた形ですね。
絡み合いすぎてて、ここで上げるのはめんどくさいレベルです。
最終的にはお約束の達也TUEEEで締めくくられましたが、笑
四葉のスポンサーが気になるところではありますね。
徐々にそういった世界の意向が顕在化してきていますね。

個人的に印象に残るシーンとしては、
深雪が達也を止めるところですかねー。
人間らしい行動をした達也を止める深雪は、
わりとおおおってなりました。
達也の疲弊を止める意図もあったのかもしれませんが。
個人的にここで好きだったのが、達也の変化ですね。
達也は無意識に他の生徒のことを考えて、事前阻止をしようとしていました。
これってたぶん昔の達也からは考えられないことで、
深雪に言われるまでもなく、深雪に害が及ばなければ良いと考えていたと思うんですよ。
その変化と、またそれをぶったぎる深雪の構図がすげーなーという。
何かこういうやり取りを見ると、渦巻く陰謀とかあるけれど、
学園物!という感じもするので、すごい好きなんです。
感じとしてはフルメタルパニックの宗介的なものでしょうか。
あれは非日常から、日常への回帰というのが一つのテーマだったと思いますが。

そのへんも踏まえて、魔法科のマクロな流れはどこへ向かうのでしょうかね。
達也の大目標としては、魔法師の地位の向上ですが、学園物である限り、
そこって達成はされないんだろうなという気がするのですが。
噂によると3年生編もあるとかないとかなので、
ますますそういった観点が気になるところではあります。
学園物として進んでいくのか、
それとも世界の流れにのみ込まれるのか。


まあ何が言いたいのかというと、真由美さんの恥じらう姿がグッジョブということだ!
僕は真由美さん正妻ポジション推しなのですよ。
頭はいいのに、恋愛に関してはポンコツ性能というのが堪らなく好きなのです。
しかも年上で少し余裕ぶりたい感じがまたね。
ただ超強力ラスボスである深雪を倒すというのは至難の技なので、
そこがどうなるかというところですね…
俺妹の黒猫や真奈美みたいな先を見通した戦略を立てないといけないわけですが、
真由美さんの性能はあやせであるため、全く期待できないがネック。
しかし深雪を除けば、一番手であることに疑いはないはずなのできっと大丈夫だ真由美さん!

そういえば真由美さんがいつも夜が遅いという描写があったんですが、
あれはどういうことなんでしょうか。
ラブコメ展開としては、政略結婚をさせられそうな真由美さんを、
華麗にさらっていく達也がみたいのですがね!(無理)
スポンサーサイト

終物語 中 俺の中で神原株が急上昇

終物語 中 (講談社BOX)終物語 中 (講談社BOX)
(2014/01/29)
西尾 維新

商品詳細を見る


さて、終物語下が発売されました。
そういうわけで、終物語 中 を読み終わりました。
ん、あれ、何かおかしいですかね。
下はたぶん明日かスパロボの発売までには読むはず!

物語としては、忍とありゃりゃぎさんの、
あまり明確に語られていなかった関係性について、はっきり描写したという感じでしょうか。
とはいっても普通のそれこそ作中でいう恋愛脳では、
すっきり語られないような、もやもやした感じですが。
このへんハーレム構造として誰かわかりやすい解説されている方っていらっしゃるのでしょうかね?
ガハラさんと羽川だけだとホワルバ2的なところに収まるんでしょうけれども、
そこに忍を加えた構造ってのがよくわからんのよなー。
幼女はカウント外?
そのへんが西尾先生があとがきで書いていたようなバディ的な構造が好きだから、
ということにも起因しているのかもしれませんが。

そんな難しいところはさておき、僕が今回好きだったのは神原ですねー。
忍を負かしたあのやり取りがめっちゃ好き。
この物語の登場人物ってだいたいひねくれていて、
神原自身もないとは言わないのですが、
他の人たちに比べると、覚悟が決まっているというかブレない感じがすごいします。
忍がいろいろ御託を並べて行動を躊躇い、ウジウジしているなかで、
本質的な感情を問いただしている。
それこそいずこさんとか、ガハラさん、羽川にはたぶん出来ないことなんですよね。
いずこさんはともかく、ガハラさん、羽川は忍側の人間で、
あまりそういった気持ち、特に自分の気持ちに対してはストレートに生きていない気がしますからね。

正直いままで神原は別にそんなに好きなキャラというわけではなかったんですが、
今回ので一気にキャラ的に好きになりました。
まあそれでも俺はガハラさん派なのですが。
(なお歯磨き枠としてかれんちゃんはゆるぎない)
今回のチラ出番でのこよみんとのやりとりとか、
あの察しの良さがたまらんのよね。
同系統?の羽川さんはなぜかそこまで何だよな。
何でだろう。


ということで、続きが楽しみになりましたので、
明日の柏に向かう途中で下を読みましょうかね。
あのメタキャラであるいずこさんが、
どこまで関わっているのかとかが物語そのものとしては気になるところです。
プロフィール

たたみ

Author:たたみ
主にラノベとマンガの感想が主成分です。
気まぐれにサッカー関係があるかも?

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。