FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 -妄言録(モノローグ)-(4) ガハマさん太陽の子

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。<br>-妄言録(モノローグ)-(4) (ビッグガンガンコミックス)やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
-妄言録(モノローグ)-(4) (ビッグガンガンコミックス)

(2014/05/24)
渡航

商品詳細を見る

俺ガイル妄言録4巻が発売となりました。
表紙は満を持してメインヒロインである戸塚です。
戸塚マジ天使。

エピソードとしては原作の4巻、5巻をなぞったもので、
林間学校編後半から文化祭編開始まででした。
戸部とかのヤンキー顔とかがすごいことになっていましたね。
あと俺ガイル史上最高のクズであると評判のある相模が、
その表情だけでクズっぷりがにじみ出ていてある意味安心しました、笑

さて、この妄言録4巻の見どころはガハマさんじゃないでしょうか。
まず19話の表紙が素敵なんです。
ほんと綺麗な彩色で、とても素敵なガハマさんに仕上がっております。
どこがどう素敵なのか、と言われるとうまく言語化できないのですが、
暖色系の服装とか表情がまさに「由比ヶ浜結衣」っていう感じなんですよね。
カラー表紙の良さが出ているのではないでしょうか。

あと個人的に好きだったのは、花火の帰りのガハマさんを送っていくところですね。
「だって あたしのことも助けてくれたじゃん」というシーンがなかなかにいい振り返り美人です。
ここからあの告白未遂までの、一連の流れがすごくいい。
ここではガハマさんが、八幡が悩んでいることも知っていて、ダメなところも知っていて、でも良いところも知っていて、
それらすべてを包み込んで、八幡のことを信頼しているよ!という感じがすごーくでていると思うのですよ。

ペトロニウスさんのベイビーステップの記事にえーちゃんとなっちゃんの関係性について書かれていますが、
僕はここまでのステージまでは言っていないのかもしれませんが、
ガハマさんと八幡には似たような関係性を感じるのですよね。

物語三昧
http://d.hatena.ne.jp/Gaius_Petronius/searchdiary?word=%2A%5B%A5%D9%A5%A4%A5%D3%A1%BC%A5%B9%A5%C6%A5%C3%A5%D7%5D
えーちゃんの厳しい試合を見ながら、「その中身の意味」を、みただけで理解していく、♯254でのなっちゃんの姿とかも、凄い感動するなー。僕は、やっぱり自分の彼女というか奥さんは、自分の生きている内的な決断や行動の意味を理解してくれている「パートナー」であった欲しいと思っている。逆もまたしかり。けれども、それはなかなか難しい。だって、相手の内的な決断と行動の意味を理解するには、ステージが同じでないとできないものなんだよ。なっちゃんが、なぜ、こんなにもテニスの専門的な技術的なものをベースに、その決断や行動の意味が逐一理解できるかといえば、単純に彼女もえーちゃんと同じくテニスのプロを目指すトッププレイヤーの一人だからなんだよね。もちろん、同じ職種である人要はないけれども、しかし、相手の行動のプロセスを抽象化して、その意味を理解するのは、ほんとうに難しいことだと僕は思うよ。

少なくとも、八幡の内的な決断や行動を理解しようとしてくれていると思うのです。
ガハマさんって、八幡の隣に立って、八幡が間違えてたりしたら、きちんと叱ってくれる存在であると思うのですよね。
それでいて、その間違いを一緒に直して、正しい答えを探してくれるパートナーになれるんじゃないかなと。
ガハマさんはガハマさんで、小難しいことは苦手ですから、八幡とのバランスがすごく取れると思うのです。
3巻のエピソードでガハマさんとの関係性をいったんリセットしたことによって、
この関係性が確立したと思うのですよ。
もう僕はこの関係性がすっごく好きなので、堪らないわけですね。

戸塚と比較してみると、戸塚は天使なのですが、単純に戸塚の無垢さからくる八幡への信頼で、
八幡の内的動機を肯定、という感じではないと思うのです。
ここが天使と太陽の違い?笑


そんなガハマさんの魅力が詰まった4巻で、
俺ガイルファンなら19話のカラー表紙だけでも見る価値はるはずです。
スポンサーサイト

四月は君の嘘 9 少女は階段を登る

四月は君の嘘(9) (月刊マガジンコミックス)四月は君の嘘(9) (月刊マガジンコミックス)
(2014/05/16)
新川 直司

商品詳細を見る

10月よりノイタミナ枠でアニメが始まる、四月は君の嘘、最新刊です。
8巻ではかをりちゃんお姿が公生のトラウマであった母親と重なったところで終わった実にエグい回でした。
そして9巻は、公生はそのかをりに対して、どう接していいのかわからず思い悩むところから始まります。
一方今回のヒロインである凪も、兄である武士が歩みを止めていて、思い悩んでいました。
そして二人は、ワルツを通じて、その二人にメッセージを伝えることとなります。
「またその背中を追いかけさせて」「私のヒーロー」
、と言って二人のヒーローに呼び掛ける演奏のシーンは圧巻の一言でした。
これはピンポンのスマイルと同じですよねー。
すげー読み返したくなってきましたw


さてはて、今回で僕が個人的に好きだったのが、凪の成長ですよねー。

たぶん現実でも子供のころにやってきたものなんて、
始めた動機は兄弟がやっていたからとか、
親に習わされたとか、そういうのがほとんどだと思うんですよね。
自分でこれをやりたい!と思って始めることってほとんどないんじゃないでしょうか。
男の子の通る道はどちらかというとゲーム作りたいとかでしょうし!

で、凪も兄に構ってもらいたくて始めて、たまたま才能があって、
そこそこの練習で、そこそこうまくいってきたわけだと思うんですよ。
最初の動機以外は惰性でピアノを続けてきていたわけですね。
その凪が初めてピアノに真剣に向かって、それゆえにコンクールでもないのに恐怖して、
でもそれを乗り越えて、深淵に向き合う覚悟を決めて、ピアノは多くの人を感動させる!という喜びを知った。
つまり兄以外に初めてピアノをやる動機(人を感動させることが素晴らしい!)ができたわけです。

この、始めた動機は何であれ、「続けていく動機」を自らの意思で決めることがたまらなく好きなんですよねー。
なぜって僕は自分が割と流されやすい性質なので、
逆に周りに言われたからやっている、とかがすごい嫌いなんですよ、笑
親に言われたからやっている、友達が一緒がやっているからやっている、
たまたま才能があったから何となくやっている、などなど。
それって自分の意思じゃねーじゃん!と。
するとね、だいたいスポーツとかにおいてはコーチの言いなりで、
自分で考えることが少ないから、初期値の才能の限界のあとに伸びないんですよね。
その才能の無駄遣いと言いますか、そういう姿を見るのが非常にイラってくるんですよ。
ある種の嫉妬といいますか、もっと真剣に考えて打ち込めば出来るだろ!と。

でも、この凪みたいに、自分の意思でやっていく動機を獲得した人は、
もうぐんぐん伸びていくと思うんですよ。
人に言われるがままに、レッスンとか受けるんじゃなくて、
どうしたらうまくなるのか、どうしたら人を感動させることができるのか。
それを自ら考えてやっていくことができるようになったからです。
だから凪のこの種の成長はとても好き。

今回は、そんな相座凪の「階段を登る」物語でした。

それにしても凪ちゃん絶対公生に惚れるだろ、あれ…
まあただハーレムメーカーの物語じゃないので、
凪が戦線に参入していくことはないとは思いますが、笑


あと余談ですが瀬戸先生の「無い胸を張りなさない」という余計なひと言に吹いてしまいましたよ!
シリアスな場面なのに、笑
しかも中1の女の子に向かってのセリフですからね。
ひどすぎるぜ瀬戸先生。

はたらく魔王さま!11 俺得のエミリア回。

はたらく魔王さま! (11) (電撃文庫)はたらく魔王さま! (11) (電撃文庫)
(2014/05/10)
和ヶ原聡司

商品詳細を見る

はたらく魔王さま!11巻が発売されました。
真由美さんほど明確に理由を言語化できないのですが、
エミリアがかなり好きなキャラなので、エミリア回というべき今回は俺得の回でしたよ。

エンテ・イスラから戻った今回は久々の日常回でした。
てっきり僕はお向かいのお店にでもエミリアがバイトに入るものだと思っていたのですが、
まおーさまとのイチャイチャを選択するとは!
正妻はエミリアである!と言い続けている私にとっては、うほほって感じでしたよ。
ちーちゃんは何というか、正妻じゃないんだよなー。

それにしても男の不器用さを女の子の掌で転がされている場面はいつみてもニヤニヤしますね。
あのアパートのくだりはすごい好きでした。
ちょろすぎんだろまおーさま。


さて物語としては、核心に触れる説明回は次回に持ち越しとなってやや動きの少ない回でしたね。
そのぶん登場人物たちの心の整理、というかエミリアの心の整理の回でした。
ここで重要なのはエミリアの「この部屋で皆でご飯を食べる時間が、好き」ということでしょうね。
地球における日常、エンテ・イスラのような争いのない世界を経験し、
またエンテ・イスラに戻って世界のゴタゴタに巻き込まれる。
そして再びその日常をかみしめて、その日常を守りたい、という動機づけを確実にした、
エミリアの生きる目的を再設定したというところなのかなと。

実は天界の思惑さえ看破すれば、
エミリア単体を見れば、地球で暮らせばわりと万事解決な気もするのですよね。
英雄の後日譚の命題とも言える、強大すぎる力(英雄)は敵のいなくなった世界では邪魔である、
ということを見事に解決します。
特に父親も地球にいられるんだったらエミリアがエンテ・イスラに留まる必要性があまりありませんからね。
だがまあそんなんじゃ簡単な話で、
まおーさまおよびアスラ・ラムスがどうなるのか、というところが今後の焦点でしょうね。
まおーさまは、魔王として魔族をまとめていく必要がありますし、
アスラ・ラムスはエンテ・イスラに必要な存在ということが明かされました。
このへんの問題をどうクリアして、「日常」へ回帰するか、というのがエンディングでしょうかねー。

つまりはどうエミリアが正妻になるのか、ということですね!

冴えない彼女の育てかた 6 ついに冴えない彼女が動き出す

冴えない彼女の育てかた 6 (富士見ファンタジア文庫)冴えない彼女の育てかた 6 (富士見ファンタジア文庫)
(2014/04/19)
丸戸 史明

商品詳細を見る


冴えない彼女の育てかた1~6をGW後半初日に一気読みしました。
さくら荘以来の一気読みかもしれないです。

いやー面白いです。
王道のハーレムメーカーな物語ではあるとは思うのですが、
キャラがやっぱ魅力的ですよねー。
詩羽先輩がもう可愛くて。
正直、なぜ倫理君があれで落ちないのかがわからないんですが。
特にスピンオフの恋するメトロノームを読んでいるとアプローチが露骨過ぎて、
一瞬で陥落してしまいそうな気もするんですが、
そこはやはりお互いがヘタれだということでしょうか。


さて、6巻自体は、ひとつの節目である冬コミ編でした。
そしてエリリとの仲直り編ですね。
エリリの別荘にいって戻らなくなった時は、
あれ、これかずさバットエンド√じゃね?
という思いがよぎりました。
サークルよりもエリリをとって、
しかも過去の編と絡まって、完全に雪菜に内緒でかずさと逃避行しているときの、
焼きまわしじゃないか!っていう。
と、思っていたんですが、冬コミ自体はわりとあっさり大団円みたいな感じで終わりましたね。
そこでコミュニティの崩壊、ということにはならなかった。
しかしそこはその後にじわじわと崩壊させそうなフラグを盛りだくさんで締めてくれました。

ラストのともやの語りとか痛々しくてもう。
大丈夫だ、俺は間違っていない、うまくいく、なんていう思いがありありとでてて、
それが完全に間違いフラグだよおお!っていう痛々しさです。
これは俺ガイルの7、8巻のヒッキーがやらかしたことと同じ状態に見えてしょうがないです。
サークルを続けていくことに固執して、肝心の人間関係は…というところですね。
ヒッキーが間違っていたのは、奉仕部の崩壊を食い止める、場を繋ぎとめるんじゃなくて、
形はどうあれ、三人の関係性を維持していく、というところに持っていかなかったところですからね。

ただ奉仕部と違うところは、集まっているコミュニティ自体が、「同人製作をする」というところで、
また俺ガイルとはちょっと違う命題な気もしますが。


あとは何と言ってもついにヒロインとちょっとしたズレが生じたことでしょうかね。
みちるが言っていたように、サークルのアンカーは恵でしたから、完全に崩壊フラグですよこれ。
でも逆にようやく主題に入ってきた!という感じもします。
今までずーっとフラットな恵でしたが、ついに感情を少し表に出してます。
この変化が「冴えない彼女の育てかた」となっていくのか、非常に気になります。
あとがきで丸戸さんが煽ってらっしゃいますが、次の巻が楽しみです。
プロフィール

たたみ

Author:たたみ
主にラノベとマンガの感想が主成分です。
気まぐれにサッカー関係があるかも?

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。