スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やさしいセカイのつくりかた (5) 憧れの恋

やさしいセカイのつくりかた (5) (電撃コミックス)やさしいセカイのつくりかた (5) (電撃コミックス)
(2014/06/27)
竹葉久美子

商品詳細を見る

はい、というわけで我慢出来ずに紙媒体で買ってしまいました。
しかしそれだけの価値があったと言っていい5巻でした。

ハイライトは最初の葵とハルカのシーンですよね。
葵が「そのままの自分」に対して子供のころからずっとずっと周りに嘘をつき続けてきたことを、
すごくあっさりと受け入れて上げられるハルカ。
しかもそこの嘘についてもしょうがないじゃん、と優しく肯定してあげるところ。
その後に自分の嫉妬も素直に認めること(自覚)が出来ていること。
とっても真っすぐ生きてきて素敵な子ですよねー。
基本勉強出来ないキャラなんですけれども、しっかりと人間関係の本質の部分は捉えているというかね。

この巻で、あーそうか、ハルカも「太陽の子」系統なんだなーと思いました。
俺ガイルでいうガハマさんみたいなポジションで、葵みたいにすごい悩める子というか、
ダーク系の入った人には抜群に相性がいいですよね。


しかしハルカに対して世界は優しくも優しくないようです。

ハルカも自覚していますが、結局のところ、朝永先生と同じ視点で物を見ることができない。
あるいはゆりね先生みたいにそれを抱擁できるほどの力がない。
すると朝永先生としては、5巻のラストである様に、
やはりハルカは違うのかなーという感じがします。

朝永先生と葵が似ているので、ハルカとも相性が合うように思われますが、
ハルカのキャラに救われるところである葵が悩んできたことに対しては、
朝永先生はすでに小和田先生に助けられてクリアしてしまっているのですよね。
そして現在の朝永先生の悩みに対して、高校生であるハルカはあまりにも無力で、
朝永先生を救える位置ではないんですよね。
もうちょっといろいろなしがらみのある大人の世界の話なので…

ハルカの恋も、1巻で救われたことによる、憧れの恋、というとこになるのでしょうね。
初めて男の人に救われて、かっこいいと思って好きになってしまう。
このへんは小和田先生が、遠子に言っていることと同じだと思うのですが…
まあ朝永先生は歳近いですけれども…
4巻の感想でも書きましたが、
世界があまりにも違う人同士であると続けていくには相当な困難が伴うことが予測されます。
高校生活では見えない、現実的な部分がたくさんありますからね。
この物語のハルカはそこをクリアできるような構造をとっていないので、
憧れの恋、で終わってしまうのであると思います。

それは現時点では優しくないですが、将来としてはとても優しいことなのかなー
と無理やりタイトルに絡めた解釈をしてみる次第であります。

と、ハルカがあこがれの恋で終わるENDを予測していますが、実際どうなるのでしょうねー。
ゆりね先生の問題も曖昧なままですし、葵が将来どうするのか、というところもまだです。
最終6巻がどうなるのか、今からクソ楽しみでございます。
スポンサーサイト

やさしいセカイのつくりかた (4) ゆりね先生フラグが折れました…

やさしいセカイのつくりかた (4) (電撃コミックス)やさしいセカイのつくりかた (4) (電撃コミックス)
(2013/08/27)
竹葉久美子

商品詳細を見る

電子書籍で4巻まで一気買いして、どっぷりハマりました。
5巻をはよ電子書籍でだしてくれええ!
スペースの関係と繰り返し読みそうなことを考えると、電子書籍のほうが良いのですよねー。

さてそのように世間では5巻が最新刊の中、4巻の感想です。
ああもうゆりね先生が好きすぎてやばいです。
包容力があって、頭の良い女性とかドストライクです。
そんなゆりね先生のフラグが折れてしまったことがショックでなりません。
物語的にもゆりね先生はアリだったはずなんだ…!

この「やさしいセカイのつくりかた」というのは、
一般の人の世界からははみだしてしまっている朝永先生が
一般の世界にちょっと寄り道をしている物語です。
なのでテーマとして一般人と世界のはみ出物がどう触れ合うか、ということがあると思うのですよね。
そしてパートナーとなるとしたら、
同じステージにたっているか、もしくは朝永先生の中学校の時の小野田先生のような理解してくれる人じゃないとうまくいかないと思うわけですよ。
朝永先生ぐらいぶっ飛んだ世界にいると、もうその思考だとか行動が一般の人じゃ理解できなくて、
それこそ葵の母親のような反応に普通なのかな、って思うのですよ。

そういった視点から行くと、はみ出物の朝永先生とくっつくとしたら、
包容力のあるゆりね先生か、同じはみ出ものの葵ちゃんですよね。

ゆりね先生は、住む世界自体は違うのだけれど、非常に包容力のある女性で、
4巻での発言のように周りも見えている大人なので、「今」を捨てて朝永先生に付いていく!というぐらい、
朝永先生のことが好きなのであれば、うまく行くと思っていたのですよ。
はみ出し者でもお付き合いできる、という稀有な人材なわけです。

ただゆりね先生は、その周りが見えている大人故に「今」を捨てる選択はできなかったんですよねーああー。
もうちょっと朝永先生との間に何かあれば変ったのかもしれませんが、そこまでするほどのことが築けなかったのでしょう。
それもまた大人故なのかもしれません。
また追いかけた先にどういうことが待ちうけているか、ということもわかっていたかなと個人的には思っています。
思わせてくれ、笑


でー、そうするとハルカって非常に厳しい立場なのかなぁーと。
ハルカとゆりね先生は立場的には似ていて、朝永先生とは本来住む世界が違う立場です。
ハルカは追いかけなきゃいけない、ということは3巻のプラネタリウムで自覚していましたが、
たぶんその先が見えてないのですよねー。
今は学校空間という閉鎖空間の中で、そのギャップが見えていないから、恋しているのだと思うのですが…
仮に追いかけたとしても、
朝永先生が元の世界に戻ったらあまりにも住む世界が違いすぎて、
そのギャップですれ違いが絶対起きちゃうだろうなぁと思わなくはいられないのです。
そこでお互いが幸せになれるのかな?と僕の考え方的には思っちゃうわけです。

だからそうなると物語の収束点としては、ハルカは報われずに、
レオンが朝永先生を戻すとともに葵も一緒に連れていく、
とかそうい展開になるのかなーとか思っているのですが、どうなのでしょう、5巻?
少なくともこのまま何もなくハルカと朝永先生がくっつく、というのは、
葵のいう「世界をはみだしてしまった」朝永先生の物語としては納得できないですからねー。

その意味では葵ちゃんが世界のはみ出し者である、と知った4巻のラストから展開が、
朝永とその後でもうまくやっていけるかどうか、というのが試金石になっているのかな?
おお、余計に5巻が読みたくなった。


と、そういう風に、この物語は朝永先生みたいに大きくはみ出していなくても、学校という閉鎖空間を飛び出したあとの
住んでいる世界が違うもの同士がくっついたり、
友達として続いていくかっていうことがうまくいくのか、
というわりと実生活に関わったテーマでもあると思っているので、
どういう展開になるのか、非常に目が離せません。
いや、サラリーマンになると人間関係がうまくいく上でわりと切実なテーマではないかと本気で思っているので…
ステージの異なる人間=価値観がかなり異なる人間とうまくやっていけるのかところで…

つまりゆりね先生みたいな女性がどっかにいないっすかね?というお話ですね!(めちゃくちゃな締め)

Re:ゼロから始める異世界生活 4 これは布石の巻である

Re:ゼロから始める異世界生活 4 (MF文庫J)Re:ゼロから始める異世界生活 4 (MF文庫J)
(2014/07/25)
長月 達平

商品詳細を見る

先月発売されたリゼロ書籍版最新刊です。
この巻はWeb版でいう3章が収録されており、王選開幕の章でした。
しかしWeb版でもそうだったのですが、ここの巻は読み続ける上で最も辛いところであるのかなーと。
いかんせんスバルが全然周りが見えてなくて、暴走しまくってて、見ていてすげー痛々しいですよね。
私自身、のめり込むとすぐに周りが見えなくなるところがあるので、
やめてくれ、俺の姿を見せないでくれえええと言う思いがあるから余計なんですよ、笑
メタ視点から見ていると、感情移入する前に、そ、それはなくないか、スバルよ、と思ってしまうのですよね。

しかしここはスバルの出自を考えると、一般人ましてや引きこもりだったわけですから、
ある意味当然の暴走で、いきなり異世界に放り込まれて、
好きな子の前でかっこつけたい!っていうプロセスは必然ですよね。
ここでいきなりマクロもミクロも読みきって、その場にふさわしい行動をしてしまったら、
リゼロの「何も持たない主人公」のコンセプトから大きく外れてしまいますからねー。
ここでのスバルはまだそんなかっこ良くないのだ、笑

しかしここでスバルの評価をどん底まで落としているからこその、
次の白鯨戦と「ゼロから」の盛り上がりが半端じゃないわけです。
次の巻とその次ぐらい?はリゼロの最初のクライマックスであり、
たぶんリゼロファンの多くの人が、本当の意味で虜になったと言っていい展開が待っています。
あの熱量はほんとすごいですからね。
なので書籍版から読み始めた人も、ぜひ次の巻は楽しみに待っていましょう。
スバルが痛々しすぎて、ウザいからってこの巻で読むのをやめないで、笑

じゅういちぶんのいち 9 あれだよね、仁奈がかわいいからいいかな。

1/11 じゅういちぶんのいち 9 (ジャンプコミックス)1/11 じゅういちぶんのいち 9 (ジャンプコミックス)
(2014/07/04)
中村 尚儁

商品詳細を見る


ワールドカップまっただ中での、じゅういちぶんのいち、完結巻です。
完全にワールドカップのせいで生活リズムが崩壊しているんだけど、
良いのかサラリーマン。

何か小難しい感想をまとめることができないので、思うところを適当に。

ソラの息子、悠のお話しですが、個人的には、最後の仁奈と分かり合うシーンとかじーんときますよね。
仁奈は強いなーって。
あとはソラFRIENDSでGKの神崎が出て来た時はおおうってなりました。
個人的にあの神崎のお話しが一番好きなのです。

あとは仁奈がかわいくて仕方がなかった、笑
後輩マネージャーが先輩かわいい、とか言っているシーンとか破壊力抜群ですよね。
あの健気すぎる姿がもう!

ただそれだけにラストの構成、「ツヨシ」の物語からあのラストシーンであるように、
ソラは四季の存在に最後まで囚われて、という言い方は良いかはわかりませんが、
結局のところソラの人生の動機はもう一度四季とサッカーがしたい、という解釈ができてしまうのが、
どうもに個人的に消化不良なんですよね…
何と言うか、今までの人生は結局それが動機だったの?と思えてしまうというか何と言うか。
特に仁奈の存在がすごく軽くなってしまう感覚がして、うーん、うーん、と唸ってしまうというのが正直なところです。
じゃあどういうラストにすれば納得なのよ、と言われると何も言えないのですが…


ともあれ、ソラを中心とした群像劇、人々の「人生」の物語、素晴らしいものでした。
プロフィール

たたみ

Author:たたみ
主にラノベとマンガの感想が主成分です。
気まぐれにサッカー関係があるかも?

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。